kite

リモートワーク支援のZoho Remotelyが無料提供開始

2020 03 07 09:31 PM

11のツールパックが2020/7/1まで無料で利用可能です

COVID-19による影響を受けずにリモートで業務を続けることが可能になるようにZohoが持つアプリケーションでリモートワークに絶大な効果をだす11のアプリケーションがZoho Remotelyというパッケージで7/1まで無料で提供されることになりました。
含まれるアプリは以下の通り
  1. Cliq:メッセンジャー、ビデオ通話
  2. Meeting:Web会議&Webinar 
  3. Showtime:オンライン研修
  4. WorkDrive:ファイル共有
  5. Projects:プロジェクト管理
  6. Sprints:アジャイルプロジェクト管理
  7. Assist:リモートサポート。遠隔でPCに接続してのサポートが可能。
  8. Lens:ARを利用したリモートサポート。現地で撮影したビデオにコメントを付けて作業をサポートします。
  9. Writer:文書作成
  10. Sheet:表計算
  11. Show:プレゼンテーションスライド

サインアップをすれば即利用可能になります。

Zoho Remotelyのサインアップ
サインアップ手順


  1. 「ACCESS Zoho Remotely」ボタンをクリック
  2. 組織情報入力
  3. 管理者画面でユーザーを招待
  4. ユーザーが利用できるアプリケーションを割り当て
  5. グループを作成(CliqおよびWorkDriveのユーザーグループとなります)
  6. アプリケーションにアクセスし利用開始

利用方法


11あるアプリの中で最初に利用すべきはZoho Cliqです。

Zoho Cliqにアクセスすると左下にある連絡先から同僚を検索してメッセージを送信してみましょう。




チャンネルを利用することでグループ宛にメッセージを送信も可能です。

画面左側のチャンネルにある「+」をクリックしてチャンネルを作ってみましょう。




またメッセージだけではなくWeb会議も可能です。

会議ボタンをクリックして同僚を招待してWeb会議を開催してみてください。




会議は音声のみでも実施可能です



会議では画面の共有も可能ですので資料を見せながらコミュニケーションしてみてください。


その他のツールもかんたんに利用できますのでぜひトライしてみてください

カイトではサインアップ方法およびZoho CliqとZoho Meetingなどの利用方法についてのWebinarでミニ講座を準備中です。
興味ある方はお問い合わせください。
カイトへ問い合わせする

*Zoho Remotelyに含まれるアプリの有料版をすでに利用している場合はZoho Remotelyには当該のアプリは追加されません。普段どおり利用可能です。

*Zoho Oneのユーザーはサインアップ不要です。すでに利用可能です。ただしZoho Lensは除く。